アバナ徹底解明

ED治療薬アバナに関する詳細情報

*

アバナの入手方法

      2017/09/12

アバナ(AVANA)は医薬品です。日本国内では未承認のため日本国内の病院やクリニックなどでは処方してもらうことはできません。

そこで、私を含めたこの日本人愛用者の大半が利用しているのが、『個人輸入』という制度です。

通常、医薬品は輸入するのには、非常に厳しい審査と時間が必要とされています。この個人輸入という制度は、厚生労働省が医薬品の個人使用分に限り認めている特例です。

以下、厚生労働省HPからの抜粋です

◆ 医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療機器を営業のために輸入するには、薬事法の規定により、厚生労働大臣の承認・許可等が必要です。
◆ 一般の個人が自分で使用するために輸入(いわゆる個人輸入)する場合(海外から持ち帰る場合を含む。)には、原則として、地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局)に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。 当然この場合、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。
○ 医薬品又は医薬部外品
※ 日本の薬事法では、養毛剤、浴用剤、ドリンク剤など、人体への作用が緩和なものについて、医薬部外品とみなされる場合もありますが、個人輸入に関しては医薬品と同様の取扱いとなります。
※ 外国では食品(サプリメントを含む。)として販売されている製品であっても、医薬品成分が含まれていたり、医薬品的な効能・効果が標ぼうされていたりするものは、日本では医薬品に該当する場合があります。
● 外用剤(毒薬、劇薬及び処方せん薬を除く。): 標準サイズで1品目24個以内
* 外用剤・・・・・軟膏などの外皮用薬、点眼薬など
* 処方せん薬・・・・・有効で安全な使用を図るため、医師による処方が必要とされる医薬品
● 毒薬、劇薬又は処方せん薬: 用法用量からみて1ヶ月分以内
● 上記以外の医薬品・医薬部外品: 用法用量からみて2ヶ月分以内

つまり私たちが自分で飲むための用途に限り、日本で承認されていないED治療薬を海外から取り寄せることに問題はまったくありません。勿論、アバナもです。

しかし、その一方、海外通販は心配、英語ができないから難しそう、偽物が届くのが心配などの声が多いのも事実です。
そこでお薦めしたいのが、いわゆる“個人輸入代行会社”の存在です。

ED治療薬を取り扱う、個人輸入代行会社は星の数ほど存在しますが、残念ながら玉石混合の状態です。偽物を取り扱っている会社もありますし、商品が届かないことも。
そこで、私が個人的に利用している個人輸入代行会社をご紹介します。これまで合わせて数百件の注文をしていますが、この3社に関しては1回もトラブルなく、勿論、商品は全て本物でした。
ベストケンコー
ベストケンコー

HBabana
H&B

あんしん通販薬局

あんしん通販薬局

 - lammn.com

  関連記事

no image
アバナの価格

アバナ(AVANA)は日本では未承認のED治療薬なので、ネットで販売されている価 …

no image
アバナの副作用

ジェネリックED治療薬アバナの成分であるアバナフィルは、もともと日本の田辺三菱製 …

no image
アバナの効果

アバナ(AVANA)の効果とは、一言で言えば、“従来のED治療薬の欠点を克服した …

no image
アバナの口コミ

アバナを個人輸入して使用してみた人の口コミ・体験談を、紹介してみましょう。 「ス …

no image
アバナの製造メーカー

アバナ(AVANA)の製造メーカーはSunrise Remedies社というイン …